フクジュソウ・ユキワリイチゲ

2014.02.27 (Thu)
昨日の植物園では、セツブンソウの他にいろいろな花を見ることができました。
どれも春の訪れを感じさせる可愛らしい花です。

フクジュソウ

多年草。温帯の落葉樹林下に生える。根茎は太くて短く、多数の根を出す。根出葉はない。茎は高さ15-30cmで、下部に芽を包んでいた鞘状の大きな鱗片を残し、その腋から枝が伸びる。葉は互生し、3-4回羽状に細かく分裂し、基部に羽裂する小さな托葉がある。花は径3-4cm、黄金色。そう果は長さ4-5mmで倒卵形、全体に短毛がある。花期は3-4月。ふつう開花後に茎が伸び、葉が広がる。5月下旬には実を結んで活動を終える。


こちらで栽培されているのはフクジュソウとミチノクフクジュソウの交雑種フクジュカイ(福寿海)だそうです。
ややこしいことが苦手な私は流通名を使用します(^^;

         P226135501.jpg



P226144504.jpg



         P226140603.jpg



P226137402.jpg



         P226148005.jpg




ユキワリイチゲ

日陰~半日陰の林床に生える多年草。
肥厚した淡紫色の根茎が地下を這い、先端から数個の根生葉と花茎をあげる。
根生葉は10~20cmの葉柄があり、3小葉からなり、小葉は卵状ひし形、長さ3~7cm、幅2~5cm。
葉の表面には紫褐色の斑紋があり、裏面はしばしば紫色を帯び、秋に出て初夏には枯れる。
総苞葉は3個つき、柄はなく、3中裂してさらに粗く切れ込む。
花は茎頂に1個つき径3~3.5cm、花弁はなく、萼片が花弁状となり、12~15個、淡藍紫色を帯び線状長楕円形。
雄蕊、雌蕊はともに多数つく。


朝は蕾でしたが、この日は暖かかったので園内を一周して戻ってみたら咲いていました。

         P226147806.jpg



2014.2.26 筑波実験植物園



スポンサーサイト

セツブンソウ

2014.02.26 (Wed)
ユニークな立ち姿の可愛らしい花です。
種が落ちてから開花まで4年も掛かるとか。
大事に見守りたい花の一つですね(^^*

セツブンソウ(節分草、学名:Shibateranthis pinnatifida Maxim.)は、キンポウゲ科セツブンソウ属の多年草。関東地方以西に分布し、石灰岩地域に多く見られる。
高さ10cmほど。花期は2-3月で直径2cmの白い花を咲かせる。花弁に見えるのは萼片である。
和名は、早春に芽を出し節分の頃に花を咲かせることからついた。可憐な花は人気が高く、現在は、乱獲や自生地の環境破壊によって希少植物になっている。



P226136201.jpg




         P226141503.jpg



P226143905.jpg



         P226141402.jpg



2014.2.26 筑波実験植物園


螺旋階段

2014.02.24 (Mon)
以前、何を撮ろうかと検索していたら素敵な画像を見つけました。
上野へ行く用があったら寄ってみようと思っていたのです。。。


P221115801.jpg



P221116002.jpg



一段一段降りるにつれ、表情が変わりおもしろい。
P221116303.jpg



P221116404.jpg



         P221116505.jpg



下まで降りたら「イナバウアー」で、、、
P221117206.jpg



2014.2.21 東京文化会館





国立科学博物館

2014.02.23 (Sun)
大恐竜展のあと、いろいろ見て歩きました。


こちらはミニ企画展「ダーウィンフィンチ」で見た精巧なバードカービング
P221124201.jpg



フーコーの振り子
P221124702.jpg


興味深い展示物の数々
P221126104.jpg



P221126205.jpg



P2211272.jpg



歴史を感じる重厚な建築様式です。
P221127607.jpg



P221127406.jpg



P221125103.jpg



P221128708.jpg



浮世絵行灯 背景暗すぎた(^^;
P221132509.jpg



2014.2.21 東京国立博物館・日本館






大恐竜展

2014.02.22 (Sat)
国立科学博物館で開催中の大恐竜展へ行ってきました。
動物好きの次女のお伴です。

P221121708.jpg


モンゴル・ゴビ砂漠の白亜紀後期の地層から見つかった様々な恐竜の化石です。
白亜紀後期は9900万年~6500万年前。
ん~、全然ピンとこない、、、

P221123309.jpg



P221120906.jpg



P221119903.jpg




P221120204.jpg



         P221120505.jpg



P221121307.jpg



うちの子を紛れ込ませても違和感ないわ~(^^;
P222134310.jpg



カンザクラが満開でした(^^)/
P221119301.jpg



2014.2.21 国立科学博物館




梅の花

2014.02.19 (Wed)
昨日のじゅんさい池緑地公園は梅の名所でもあります。

P218113206.jpg




P218097101.jpg




しだれ梅
P218097703.jpg




ホトケノザを見つけました。這いつくばって1枚だけ撮りました(^^;
P218097302.jpg




雪で大きな被害を受けた模様、、、
根こそぎなぎ倒されてる~(*_*)
P218111604.jpg




P218112105.jpg



記録的な大雪も、今はもう日陰に少しだけしか残っていません。
P218114307.jpg



2014.2.18 じゅんさい池緑地公園




ミコアイサ

2014.02.18 (Tue)
ようやく会えました。
しかも私でも撮れるくらい近い!(トリミングしないとダメだけどね)

         P218108006.jpg




キンクロ団を引き連れた親分のようにも見えます(^^*
P218104503.jpg



顔がよく分かります。別名パンダガモ
P218107104.jpg



上の画像、元はこれくらい。35㎜判換算で300㎜
P218107505.jpg




         P218100801.jpg




         P218103102.jpg



他にも様々な水鳥が。。。
P218109607.jpg



梅がずいぶん咲いていました。
P218110008.jpg




アイリングがあるヒドリガモのメス。珍しいらしいので、、、
P218111010.jpg


北風が強く、とても寒かったのですが楽しく撮影できました。



2014.2.18 じゅんさい池緑地公園





2度目の大雪

2014.02.15 (Sat)
今回の雪はとても水っぽく、暗くなるころに積もり始めました。
画像は自宅マンションのアプローチです。


P214093304.jpg



P214091802.jpg



         P214092803.jpg



P214094005.jpg



昨晩の様子です。
一夜明けて本日は雨。ぐちゃぐちゃです(*_*)



家族が増えました。。。

2014.02.13 (Thu)
仕事仲間から譲り受けました。

P213089302.jpg



エサ、多すぎたかな?
P213090603.jpg



P213088901.jpg



癒し系です(^^*



丸の内散歩

2014.02.12 (Wed)
久しぶりの更新です。
先月末からあれやこれやとありまして、落ち着いてパソコンに向かうことができずにいました(^^;
挙句の果ては先日の大雪で娘たちがそれぞれ帰宅難民・・・
記録的な大雪も撮影どころではなく・・・

そんなこんなでタイミングを逃しましたが、2月7日雪の降る前日の写真です。
所用のついでに東京ステーションギャラリーや東京国際フォーラムを見物してきました。


東京ステーションギャラリー
展示室の外は撮影できます。
         P207079101.jpg



P207079302.jpg



旧駅舎の煉瓦壁がそのまま残されています。なので、この壁も重要文化財です。
P207080805.jpg




P207080204.jpg




東京国際フォーラム
P207082506.jpg




         P207084007.jpg




P207085709.jpg




P207086010.jpg





         P207086311.jpg




2014.2.7 東京丸の内界隈




   
back-to-top