みさと芝桜公園

2017.04.30 (Sun)
北関東の花の名所をあちこち巡ってきました。
最初は芝桜の鑑賞です。
満開とのことですが、過去の画像と比べると剥き出しの土が目立ち
きれいな渦巻き模様は叶いませんでした(-_-;)


P4280584.jpg




P4280585.jpg





P4280586.jpg




P4280591.jpg




P4280594.jpg


やっぱり風景写真は難しいな・・・と、改めて思いました(´・ω・`)
次回はお決まりの足利フラワーパークです。



2017/04/28




スポンサーサイト

ツミ

2017.04.21 (Fri)
愛車を車検に出したので、待ち時間に代車でバードウォッチングに行きました。


やっぱり遠いんだなぁ・・・
P4200278.jpg



ようやく比較的近い所に飛んで来てくれました。
P4200325.jpg




P4200330.jpg



車検終了の連絡が来るまでの間、楽しく過ごすことができました。



2017/04/20



コムクドリ

2017.04.16 (Sun)
今日、コムクドリを見ることができました!!
まるで初夏のような陽気で、汗をかきながら探し歩きました。


コムクドリ(小椋鳥)スズメ目ムクドリ科
P4160096.jpg




P4160101.jpg



どういうわけか、何度も口をパクパクさせていました。
P4160102.jpg



別のカットに、パクパクしたあと「オエッ」って、赤い実を吐き出したところが写っていました。
間違えて悪い物でも食べてしまったのでしょうか?
P4160075.jpg



水辺は風が強かったです。
P4160093.jpg

数羽の群れと聞いていましたが、私が見たのは1羽だけです。
まだ花が残っている桜の木に止まってほしかったのですが、贅沢は言えませんね(^^;


こちらは普通のムクドリ。ごちそうをゲットしたところです。
P4160129.jpg


レンゲも咲き始めました。
↓↓意外な事実です。

ゲンゲ(紫雲英)マメ科ゲンゲ属 レンゲ、レンゲソウとも呼ばれる。
P4160050.jpg



2017/04/16 手賀沼



今井の桜

2017.04.14 (Fri)
毎年、恒例となった今井の桜鑑賞です。
10日、午後4時過ぎに到着。天気は薄曇り。
いつものことですが、どう撮ればいいか悩みながらの撮影です(^^;
ついつい夢中になってしまい、あっというまに日が暮れてしまいました。


P4101480.jpg




P4101515.jpg




P4101531.jpg




P4101536.jpg




P4101619.jpg




P4101644.jpg


田んぼの用水路沿いに2kmに渡って植えられたソメイヨシノは満開でした。
屋台もライトアップもありませんが、毎年訪れたくなる場所です。


2017/04/10



ストレッチ!セイタカシギ

2017.04.12 (Wed)
じつは、シマアジ観察の前日にも谷津干潟に行っていました(^^;
11日は雨降りだと分かっていたので、他に空いている日は10日しかない!と思ったのです。
だがしかし・・・休園日であることを、すっかり忘れていたのでした(>_<)

淡水池は見ることができませんが、もしかしたら干潟にだって来るかもしれないと
淡い期待でシマアジを探しましたが見ることはできませんでした。
その代わりに、セイタカシギを近くで見ることができたので、やっぱりラッキーなのだと思います。


P4100608.jpg



くつろいだ様子で、思い思いにストレッチをする姿を見せてくれました。
P4100560.jpg




P4100780.jpg



それにしても柔軟ですね。中国雑技団の技みたいです(^^♪
P4100543.jpg




P4100544.jpg




P4101473.jpg



急に鳥さん達が飛び去ったので空を見上げると・・・
P4100629.jpg



よ~く見ても分かりづらいですが、鳥を捕まえて飛んで行く猛禽がいたのです。
P4100640.jpg



ハヤブサかな?ハヤブサだったら嬉しいな♪(こんな写りだけどね)
P4100646.jpg


月曜の休館日でも駐車場は開くのですね。
それが分かっただけでも、儲けもんです。



2017/04/10 谷津干潟




シマアジ

2017.04.11 (Tue)
よりによって、こんな日に・・・と笑われそうな悪天候ですが・・・
どうしても気になるので谷津干潟に行ってしまいました(^^;
観察台の覗き窓は冷たい風と雨が吹き込んでくるので、自然観察センターから撮影です。
屋内なので快適ですが、外は暗いうえにガラス越しです。
さて、どうなることか・・・



しばらく探してようやく見つけるも、こんなに遠くです(>_<)
淡水池の奥の葦原の向こう側です。
「こりゃダメだ」と心が折れそうになったとき、干潟の方向に飛んで行くのが見えました(T_T)
P4110889.jpg


広い干潟には、まだ多くの水鳥が残っていました。
この中から、たった1羽を探すのは至難の業です(T_T)
あきらめて他の鳥さんを撮って帰ることにしました。


コガモ
P4110906.jpg



オナガガモ
P4110926.jpg



ヒドリガモ
P4110932.jpg



と、その時、思わず「来た、来たっ!!」って叫んでしまいました!
いつの間にか、すぐそこまで来ていたのです!ウルトラスーパーラッキーです!!


シマアジ(縞味)カモ科マガモ属
日本には渡りの途中で立ち寄る『旅鳥』ですが、これほど長く滞在するのはとても珍しいそうです。
P4110939.jpg



4月4日に飛来したとか。間に合って良かった~♪
P4110968.jpg




P4110953_20170411150534650.jpg




もっと近くで・・・と下の階に下りましたが、すぐに飛ばれてしまいました(T_T)
P4110971.jpg



シマアジは淡水池に戻ってきましたが、やっぱり遠い。
でも充分満足したので引き上げることにしました。
P4110983.jpg


暗くて遠くて、おまけにガラス越しなので最初から期待はしていませんでした。
こんなに近くに出てきてくれて、うれしくてたまらないので昼からビールで乾杯です♪



2017/04/11 谷津干潟自然観察センター




城山かたくりの里 2

2017.04.05 (Wed)
前の記事より、もう少しレアな植物たちではないかと思います。
本当はもっと沢山の種類が咲いていましたが、条件が悪かったり、うまく撮れなかったり・・・
記事にできそうなものだけ選びました(^^;



1.コイワウチワ
P4030121.jpg




2.コシノコバイモ
P4030122.jpg




3名札にはネコノメソウとありましたが、『ホクリクネコノメソウ』ではないかと思います。
    ※ご指摘のとおり、ヨゴレネコノメではないかと思いました。調べの甘さを反省(>_<)

P4030020.jpg





4.オオバキスミレ
P4030118.jpg




5.エンレイソウ 
P4030111.jpg




6.チャルメルソウ⇒コチャルメソウでした。ご教示ありがとうございます。
P4030139.jpg




7.ハルトラノオ
P4030130.jpg




8.イワナシ
P4030027.jpg




9.アズマシロカネソウ
P4030004.jpg




10.番外編のアミガサタケ
P4030097.jpg


山や森の中で見つけるのは難しそうですが、
ここでは歩き進めば次々と珍しい花に出会うことができました。
桜もいいけれど、地面にへばりついての花見も大変楽しゅうございました♪(o・ω・)ノ))



2017/04/03




城山かたくりの里

2017.04.04 (Tue)
ずっと前から行きたかった場所のひとつです。
少々遠いのですが、知らない土地へのドライブもだいぶ慣れてきたので
ようやく行く決心がついたのです(^^;

ここでは図鑑でしか見たことがない花をたくさん見ることができました(^^♪
うれしい誤算ですが花の種類が多すぎて、あたふたと撮影しました(^^;
自生する花もあれば植栽された花もありますが、私には区別できません。


1.その名のとおりカタクリの一大自生地です。
P4030140.jpg




2.
P4030152.jpg




3.黄花カタクリ
P4030060.jpg




4.アルビノのカタクリ
P4030114.jpg




5.キクザキイチゲ
P4030106.jpg




6.八重キクザキイチゲ
P4030100.jpg




7.バイカオウレンは最後の一輪を残して結実していました。
P4030044.jpg




8.背の高いフクジュソウです。20cm前後あったと思います。ずいぶん遅咲きですね。
P4030134.jpg




9.ショウジョウバカマ
P4030113.jpg




10.何種類もの桜も咲いていましたが、今回は小さな山野草が目当てです。
P4030065.jpg



次回も珍しいお花をたくさん紹介します。



2017/04/03



サクラソウ自生地

2017.04.01 (Sat)
埼玉の花見鳥見ドライブ最終回はサクラソウの自生地で撮った花々です。
特別天然記念物に指定されているサクラソウ群落ではありますが、サクラソウはごくわずか。
大部分をノウルシで埋め尽くされていました(-_-;)

P3281678.jpg


繁殖力が強そうに見えますが、住みやすい環境が激減しているため、
環境省レッドリストで準絶滅危惧種に指定されています。

ノウルシ(野漆)トウダイグサ科トウダイグサ属
P3281699.jpg



肝心のサクラソウは・・・
ノウルシの隙間に、ちらほらと咲き始めていました。
P3281729.jpg


ノウルシ同様、準絶滅危惧種に指定されていますが、同じレベルとは思えませんね。

2007年8月の環境省レッドリスト見直しによって、保全のための努力が払われた結果、絶滅の危険性が下がったことにより、絶滅危惧II類(VU)からランクが下がった。引用Wikipedia


再度見直されたら、また絶滅危惧種にランクアップしそうだなぁ・・・と感じました(-_-;)

P3281711.jpg



アマナは沢山ありますが、曇り空のためほとんど花を閉じていました。
P3281719.jpg



チューリップを小さくしたような花です。
アマナ(甘菜)ユリ科アマナ属
P3281714.jpg



コチラはあちこちで見かけますが、ここにあると貴重な花に見えてしまいます(^^;
ムラサキケマン(紫華鬘)ケシ科キケマン属
P3281723.jpg


駆け足で巡りましたが、いろいろ見ることができて楽しい一日でした。
さて、次はどこに行こうか?
カメラがあると夢は広がり続けます♪(o・ω・)ノ))


2017/03/28




back-to-top