第51回葛飾納涼花火大会

2017.07.28 (Fri)
前年の反省点もすっかり忘れてしまいましたが、また花火撮影に挑戦しました。
何度やっても上手く撮れませんが、懲りもせず行きたくなってしまいます(^^;
ここは快適な環境で、超穴場なのです!


DSC_4148_01.jpg




DSC_4166_01.jpg




DSC_4167_01.jpg




DSC_4168_01.jpg




DSC_4217_01.jpg


怪しい天気予報でしたが、なんとか降られずにすみました。
ようやく雨女から脱却!・・・のはずが、少々夏バテ気味です(T_T)



2017/07/25




スポンサーサイト

富士山旅行・植物編

2017.07.22 (Sat)
7月5~6日の富士山旅行の折に出会った植物をまとめました。


西湖野鳥の森公園
DSC_1616_01.jpg



ここでは野鳥に会えませんでしたが、気になるものを見つけました。
コアカミゴケかコナアカミゴケか、判別が難しいハナゴケの仲間です。
名前にコケと付きますが、地衣類という菌類に近い種類です。
DSC_1633_01.jpg





河口湖フィールドセンターでは、シャクジョウソウとウメガサソウを見ることができました。

シャクジョウソウ(錫杖草)ツツジ科シャクジョウソウ属
錫杖とは修験者が持つ杖のこと。弘法大師像が持っている杖と言えば分かりやすいですね。
DSC_1689_01.jpg



ウメガサソウ(梅笠草)ツツジ科ウメガサソウ属
DSC_1720_01.jpg





奥庭自然公園は鳥も植物も豊富でした。
P7064022_01.jpg



ミヤマハンショウヅル(深山半鐘蔓)キンポウゲ科センニンソウ属はまだ蕾でした。
P7064031_01.jpg



マイヅルソウ(舞鶴草)スズラン亜科マイヅルソウ属
P7064038_01.jpg



イチヨウラン(一葉蘭)ラン科イチヨウラン属
葉が1枚しかつかないのでこの名前なのだそうですが、近付くことができず確認できませんでした。
(周りにあるのは別の植物の葉っぱです)
DSC_2440_01.jpg



ベニバナイチヤクソウ(紅花一薬草)ツツジ科イチヤクソウ属
P7064030_01.jpg





河口湖畔はラベンダー祭りの真っ最中でした。
P7054007_01.jpg


予想以上に多くの野鳥や珍しい植物に出会えたました。
(富士山で出会った野鳥は9日から15日までの記事で紹介しています)
また、泊まった宿も至れり尽くせりで大当たり!
2週間も経った今でも家族の話題に上ります。
全てにおいて記憶に残る良い旅行ができました(^^♪



2017/07/05~06




モリアオガエル

2017.07.21 (Fri)
遅ればせながら、富士山旅行の際に立ち寄った河口湖フィールドセンターのモリアオガエルです。
自然をテーマにしたテレビ番組では何度も目にしていますが、実物は初めて見ました。


DSC_1643_01.jpg




DSC_1645_01.jpg



メスは離れていくオスを目で追っています。
DSC_1814_01.jpg



オスは1メートルくらい離れたところで振り返り、いつまでも見つめ合っていました。
DSC_1900_01.jpg




DSC_1907_01.jpg




DSC_1637_01.jpg



下は初めて見たクロツグミ♀です。
写りが悪いのですが、今後見られるとも限らないので・・・
DSC_1693_01.jpg


2017/07/05 河口湖フィールドセンター




チョウトンボ

2017.07.18 (Tue)
この日はサンコウチョウを見に行ったのですが、前日に巣立ってしまい
巣の周辺では姿を見られなくなってしまいました(T_T)
ここで粘っても撮影は難しいと目標を変更!
ブロ友さんの記事で知ったチョウトンボがうじゃうじゃいる沼に移動しました。


DSC_3351.jpg




DSC_3132.jpg




DSC_3357.jpg


確かにたくさんのチョウトンボがヒラヒラ舞っていました!
たくさんいても、ハスの蕾には止まってくれなかったなぁ~
ブロ友さんが見たというイトトンボも見つかりませんでした(T_T)

このあとアオバズクの偵察に向かい、運良く巣立ち雛を見ることができたのです。
(二日前の記事です)


2017/07/15




モモイロペリカン・ヨシゴイ

2017.07.17 (Mon)
印旛沼に行ってきました。
サンカノゴイには間に合いませんでしたが、名物のモモイロペリカン君とヨシゴイに会えました。


DSC_3841_01.jpg




DSC_3827_01.jpg




DSC_4004_01.jpg



ヨシゴイ♂
DSC_4048_01.jpg



ヨシゴイ♀
DSC_4090_01.jpg


葦原の中にいくつも巣があるらしく、親たちが飛ぶ姿を何度も見ることができました。
飛翔撮影の練習にはもってこいの場所かもしれませんね。



2017/07/16 印旛沼




アオバズク

2017.07.16 (Sun)
なんの情報も無いまま、ダメもとで行ってみました。
なんと!前日の夕方巣立ったそうです。
3羽のヒナを見ることができました。ラッキー!!(*^^)v


白い眉毛がチャームポイント♪
DSC_3602_01.jpg



他の子の眉毛は上の子ほどハッキリしていません。
DSC_3532_01.jpg



お父さんかな?お母さんかな?
DSC_3489_01.jpg



首をかしげたり
DSC_3646_01.jpg



大あくびをしたり
DSC_3668_01.jpg



最後にエンゼルポーズも披露してくれました!
(なんだかモヤッとしているのは手前に蜘蛛の巣があったからです。後で気付き大ショックorz)
DSC_3730_01.jpg


翌日には森の奥に移動して見られないだろうとのことです。
来年はもっといい場所に居て欲しいなぁ~
その前に休みが合うかどうかが問題ですが(^^;



2017/07/15




ホシガラス(予約投稿)

2017.07.15 (Sat)
ここへ来るほとんどの人が、この鳥さんを目当てに来ているのだと思います。
亜高山帯から上に生息するので平地ではお目にかかれません。


DSC_2168_01.jpg



あっというまに飛んでしまった(T_T)
DSC_2172_01.jpg



その後なかなか現れず、撤収する人もちらほら。
見ることができただけでも良しとするかと、あきらめムードが漂い始めた頃です。
最初の登場から2時間後、1分半ほどですが姿を見せてくれました!!
DSC_2532_01.jpg



13時30分頃なので撤収するのにも丁度いい時間です。
DSC_2580_01.jpg



ホシガラス スズメ目カラス科 全長35cmでハトくらいの大きさです。
DSC_2559_01.jpg




DSC_2566_01.jpg


期待していた全ての鳥さんに会うことができました。
長くなりましたが、これで富士山の野鳥シリーズを終了します。
珍しい植物なども撮影したので、折を見て記事にしたいと思います。
ご覧いただきありがとうございました(^-^)/



2017/07/06 奥庭自然公園




メボソムシクイ?(予約投稿)

2017.07.14 (Fri)
ムシクイの仲間は識別が難しいですね。
お隣のカメラマンも首をかしげていたので、先輩頼りの私にはお手上げです(>_<)
取りあえず、奥庭で検索するとよく登場するメボソムシクイを第一候補にしておきます。


DSC_2017_01.jpg




DSC_2020_01.jpg



現地では全然目に入らなかった『サルオガセ』が、足元から垂れ下がっていました。
DSC_2023_01.jpg




DSC_2049_01.jpg




DSC_2187_01.jpg




DSC_2584_01.jpg


電子ビューファインダーに慣れ過ぎたわたくし、
この日の晴れたり曇ったりの露出補正には、とても苦労しました。
まだまだ、カメラ操作習得までの道のりは遠いです(-_-;)



2017/07/06 奥庭自然公園




ルリビタキ(予約投稿)

2017.07.13 (Thu)
私の家の周辺の公園でもお馴染みのルリビタキです。


DSC_2141_01.jpg




DSC_2148_01.jpg





DSC_2138_01.jpg



ルリビタキ♀
DSC_2014_01.jpg




DSC_2009_01.jpg


うちの近所で冬に見られるルリビタキは、今頃どの辺で過ごしているのかしら?
筑波山では低すぎる?
もしかしたら富士山まで来てるかも!?



2017/07/06 奥庭自然公園




ヒガラ(予約投稿)

2017.07.12 (Wed)
何度も何度も登場してくれたヒガラさんなのに、使える写真が少なく残念な結果に・・・(-_-;)
日が射したり陰ったりの中、白黒の小さな鳥さんは撮るのが難しかったです。


DSC_2288_01.jpg




DSC_2005_02.jpg




DSC_2001_01.jpg




DSC_2155_01.jpg




DSC_1996_01.jpg


冬、平地ではシジュウカラの群れに混じっているかもしれませんが、
見つけ出すのは容易ではありません。
ここでは「またこいつか」と言われるくらい水浴びにやって来ます。



2017/07/06 奥庭自然公園




カヤクグリ(予約投稿)

2017.07.11 (Tue)
奥庭シリーズ三番手、初めましてのカヤクグリです。
名前からも想像できるように、藪に潜んでいるので見つけるのは難しそう。
でも水のない富士山では、唯一の水場で水浴びをする様子が観察できるのです。


DSC_2372_01.jpg



スズメ目イワヒバリ科カヤクグリ属
DSC_2347_01.jpg



スズメほどの大きさですが、体の色はスズメよりも地味ですね。
DSC_2376_01.jpg




DSC_2381_01.jpg




DSC_2425_01.jpg


地味だけど初めての鳥さんに出会い、感激至極でございます!
奥庭シリーズ、構図に変化がなく飽きられてしまいそうですね(^^;
主役級の鳥さんばかりなので、1ページ1バードで更新しています。
    ↑私にとってはね(^^;



2017/07/06 奥庭自然公園




キクイタダキ(予約投稿)

2017.07.10 (Mon)
奥庭シリーズ二番手はキクイタダキです。
冬には平地にもやって来ますが、木の上をちょこまかと動き回るので
撮影は容易ではありません。


DSC_2056_01.jpg




DSC_2084_01.jpg




DSC_2104_01.jpg




DSC_2108_01.jpg




DSC_2116_01.jpg


やっぱり警戒心が働くのか、水たまりのすみっこで水浴びしていました。
体長約10cm、体重約5gで、日本で見られる鳥の中で最も小さい鳥さんです。



2017/07/06 奥庭自然公園




ウソ

2017.07.09 (Sun)
私の住む辺りでは冬鳥としてやって来る鳥さん達、今は避暑地で快適に過ごしていました。
先日、富士山五合目で見た野鳥シリーズはウソからスタートです。


ウソ♀
DSC_2204_00001.jpg




DSC_2229_00001.jpg




DSC_2236_00001.jpg



ウソ♂
DSC_2447_00001.jpg




DSC_2509_00001.jpg




DSC_2512_00001.jpg





DSC_2514_00001.jpg




DSC_2505_01.jpg


人工的な水たまりで何種類もの野鳥が水浴びをします。
つぎつぎと現れるので飽きずに何時間も居座ってしまいました(^^;



2017/07/06 奥庭自然公園




雨引観音

2017.07.01 (Sat)
雨引観音では孔雀の他にもいろいろな鳥さんを飼育しているようです。

DSC_1335_01.jpg




DSC_1334_01.jpg



すぐ傍で悲鳴を上げる人が!
見るとアオダイショウが茂みから出てきたところでした!(゚△゚;ノ)ノ
DSC_1332_01.jpg




DSC_1417_01.jpg




DSC_1425_01.jpg




DSC_1577.jpg




DSC_1360_01.jpg




P6293899_01.jpg


不便な場所にあり、また平日ということもあって、ゆっくりと散策できました。
紫陽花の名所はどこも、混雑していることでしょう。
なんだかとても得した気分になりました(´∀`*)


2017/06/29




back-to-top