フクジュソウ・ユキワリイチゲ

2014.02.27 (Thu)
昨日の植物園では、セツブンソウの他にいろいろな花を見ることができました。
どれも春の訪れを感じさせる可愛らしい花です。

フクジュソウ

多年草。温帯の落葉樹林下に生える。根茎は太くて短く、多数の根を出す。根出葉はない。茎は高さ15-30cmで、下部に芽を包んでいた鞘状の大きな鱗片を残し、その腋から枝が伸びる。葉は互生し、3-4回羽状に細かく分裂し、基部に羽裂する小さな托葉がある。花は径3-4cm、黄金色。そう果は長さ4-5mmで倒卵形、全体に短毛がある。花期は3-4月。ふつう開花後に茎が伸び、葉が広がる。5月下旬には実を結んで活動を終える。


こちらで栽培されているのはフクジュソウとミチノクフクジュソウの交雑種フクジュカイ(福寿海)だそうです。
ややこしいことが苦手な私は流通名を使用します(^^;

         P226135501.jpg



P226144504.jpg



         P226140603.jpg



P226137402.jpg



         P226148005.jpg




ユキワリイチゲ

日陰~半日陰の林床に生える多年草。
肥厚した淡紫色の根茎が地下を這い、先端から数個の根生葉と花茎をあげる。
根生葉は10~20cmの葉柄があり、3小葉からなり、小葉は卵状ひし形、長さ3~7cm、幅2~5cm。
葉の表面には紫褐色の斑紋があり、裏面はしばしば紫色を帯び、秋に出て初夏には枯れる。
総苞葉は3個つき、柄はなく、3中裂してさらに粗く切れ込む。
花は茎頂に1個つき径3~3.5cm、花弁はなく、萼片が花弁状となり、12~15個、淡藍紫色を帯び線状長楕円形。
雄蕊、雌蕊はともに多数つく。


朝は蕾でしたが、この日は暖かかったので園内を一周して戻ってみたら咲いていました。

         P226147806.jpg



2014.2.26 筑波実験植物園


関連記事
スポンサーサイト

トラックバックURL
http://harumakiii.blog.fc2.com/tb.php/167-84535bad
トラックバック
コメント
綺麗に咲いてますね~
私のような無精者の為に説明まで入れてくれて、有難いですね。
今年はまだ見に行ってないので、行きたいですね~
小鹿野のセツブンソウも行きたいです。
nobumakiさんも行かれる予定ですか?
合流しますか・・・(笑)
tsukey | 2014.02.28 04:37 | 編集
筑波に行かれたのね。
この季節に行ったことはありませんが、
セツブンソウもユキワリイチゲもあるのですね。
静かで冬木立の中、歩くのもいいですね。
小鳥には遭いませんでしたか?

nenemu8921 | 2014.03.02 10:22 | 編集
tsukeyさん

返信が遅くなりごめんなさい。
気まぐれに解説を付けてみました。
特徴をすぐ忘れてしまうので覚書きです(^^;
小鹿野のセツブンソウ、いつか見てみたいですね~。。。
nobumaki | 2014.03.05 10:06 | 編集
nenemuさん

なかなか自生地に行けず、植物園ばかりです(^^;
小鳥は声はすれども、見付けられず…
キセキレイを見ましたが写真がイマイチで…(^^;
nobumaki | 2014.03.05 10:15 | 編集
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top