チューリップ

2014.04.12 (Sat)

チューリップはユリ科チューリップ属の植物。球根ができ、形態は有皮鱗茎。和名は鬱金香(うこんこう、うっこんこう)、中近東ではラーレと呼ばれる。アナトリア、イランからパミール高原、ヒンドゥークシュ山脈、カザフスタンのステップ地帯が原産。


あけぼの山農業公園でチューリップを見たので、ちょっと調べてみました。
意外と知らなかったチューリップのこと。
原産国はオランダじゃなかったのね(^^;
和名も初めて目にしました。

        
         P412428702.jpg




         P412428201.jpg




P412434505.jpg





P412429903.jpg




         P412436206.jpg




         P412439007.jpg




         P412442408.jpg

今日、明日とチューリップまつりが開催されています。
当然、激混みでした(^^;



2014.4.12 柏市あけぼの山農業公園



関連記事
スポンサーサイト

トラックバックURL
http://harumakiii.blog.fc2.com/tb.php/181-62dc826c
トラックバック
コメント
勉強になりました(^^)
日本名もあるのですね。知りませんでした。
しかし、先を越されましたね。明日、見に
行こうかと考えてました。
今日行きたかったのですが、あいにく仕事に
なってしまいました・・・
こんなに綺麗でしたら、人出も多いでしょう。
tsukey | 2014.04.12 19:04 | 編集
激混みでしたか!
一度行きたいところですが、道路事情が悪くて、
拙宅からは不便なところです。(-_-;)
チューリップは今も昔も誰にも人気の花ですね(*^_^*)
宮沢賢治も好きだったらしく、童話を書いています。
詩には鬱金香という和名も使っています。



nenemu8921 | 2014.04.13 13:40 | 編集
和名の、この字面じゃ世に出なくても仕方ないでしょうね(^^;

花見は平日がいいと思いませんか?
私はあいにく、この日が休みだったのです(-_-;)


nobumaki | 2014.04.14 00:32 | 編集
多くの人が最初に憶える花ではないでしょうか?
小さな子供が手で真似るチューリップが可愛いです。
宮沢賢治の詩には和名で登場しましたか。
当時はそう呼ぶ人も多かったのでしょうか?




nobumaki | 2014.04.14 06:14 | 編集
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top