里山歩き

2014.04.18 (Fri)
ここでは水辺を歩くことが多いのですが、昨日は少し登って里山を歩き回りました。

谷ではムラサキケマン(ケマンソウ科キケマン属)が盛りでした。
いつもはここで右に曲がり、細長い谷を一周します。
今回は左に曲がり山の入り口へ向かいます。
P417474501.jpg




         山の入り口付近ではホタルカズラとジュウニヒトエを見ました。
         P417475102.jpg

ホタルカズラ(蛍葛、学名: Lithospermum zollingeri )はムラサキ科ムラサキ属の多年草。和名の由来は緑の中に鮮やかな瑠璃色の花が咲く様子をホタルに例えたことから。


         P417475303.jpg



シソ科キランソウ属ジュウニヒトエは、本州・四国に分布し、田舎道やよく下刈りされた林の中に自生するキランソウ属の寒性常緑多年草です。全体に白色の縮れ毛が密生していて白っぽく見えるのが特徴。和名の由来は、花が幾重にも重なって咲く様子を、平安時代の女官の衣装「十二単」にたとえたものであるという説が一般的です。日本固有種。


P417480109.jpg


いよいよ山で見た花です。

ホウチャクソウ(宝鐸草、学名:Disporum sessile)はチゴユリ属に分類される植物。
アジア大陸の東端(極東ロシア-東南アジア)全域に見られ、日本全国に分布する。雑木林などの樹間のひらけた場所に群生する。初夏に地味だが白から緑へのグラデーションが美しい花をつける。宝鐸(ほうちゃく、ほうたく)とは寺院建築物の軒先の四隅に吊り下げられた飾りであり、風鐸(ふうたく)ともいう。花が垂れ下がって咲く姿がこの宝鐸に似ることによる。


         P417479808.jpg



アマドコロ(甘野老、学名: Polygonatum odoratum)は、クサスギカズラ科(キジカクシ科)アマドコロ属の多年草。花の名前は根茎がサトイモ科のトコロ(野老)に似て甘味があるということに由来する。


         P417478907.jpg



ヒトリシズカ(一人静、学名: Chloranthus japonicus )は、センリョウ科 チャラン属の多年草。名称の由来はこの花の可憐さを愛でて静御前になぞらえたもの[1]。近縁種のフタリシズカが花穂を2本以上出すのと対比させた。


         P417478706.jpg



         P4174795.jpg



         お馴染みのヤマブキ(バラ科ヤマブキ属)
         P417478505.jpg



         マクロ目線で歩いていると、こんな面白い虫も見えてきます。
         ハナグモ(クモ目カニグモ科)
         P417476804.jpg


カメラを持って歩いていると、「向こうに○○が咲いてるよ♪」と声が掛かりありがたいです。


2014.04.17 大町自然観察園



関連記事
スポンサーサイト

トラックバックURL
http://harumakiii.blog.fc2.com/tb.php/184-03569c85
トラックバック
コメント
山野草は可愛いですよね。
よく名前鵜を調べましたね~
十二単は庭に咲いてましたが、いつの間にか
見当たりません・・・
山に入ると見れる花、これからが楽しみです。
tsukey | 2014.04.19 02:19 | 編集
まあ、大町にホタルカズラがありましたか?
ここでは見たことないです。
2番目の画像、素敵です。
トップの画像、幻想的できれいに撮れたのに、真ん中に木の枝が一本!
自分がちょっと位置をずらすと、構図を変えることができると思うのですが…。

nenemu8921 | 2014.04.19 13:02 | 編集
本命は別の花だったのですが、まだ開花には早く、、、
すれ違った方々が教えてくださった花を撮ってきました(^^;
自然の中に身を置くことで、リフレッシュしています。
nobumaki | 2014.04.19 19:37 | 編集
お恥ずかし~(^^;
「この木をあしらえば面白くなるぞ」
と、悪魔の囁きが聞こえ、、、

上司(写真部・部長)が「人が撮らない画を撮るんだ!」と言うので、珍作続出しています(*_*)
nobumaki | 2014.04.19 20:02 | 編集
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top