きのこ展

2017.10.04 (Wed)
つくば実験植物園のきのこ展で見たキノコです。
今年も園内きのこ案内に参加しました。
可愛らしくもあり気味悪くもある、不思議な魅力に引き込まれるひと時でした。


テングタケの仲間は大量発生中でした!
イボテングタケ
DSC_7744.jpg



テングタケの仲間
DSC_7796.jpg



夏のキノコのタマゴタケは発生時期が遅くなっているそうです。これもテングタケの仲間
DSC_7769.jpg



カニノツメ(アカカゴタケ科)
DSC_7853.jpg



サンコタケ(アカカゴタケ科)
DSC_7782.jpg



巨大なニガイグチモドキも見ることができました。
DSC_7752 - コピー



カイガラタケ
DSC_7857.jpg


今年は運動不足気味の母を連れていきました。
「鳥はいやだけど、お花やキノコならついて行きたい」そうです(^^;



2017/10/03 筑波実験植物園



関連記事
スポンサーサイト

トラックバックURL
http://harumakiii.blog.fc2.com/tb.php/555-96e53d75
トラックバック
コメント
おはようございます。
つくばのキノコ展、行きたかったなあ。
キノコ展は展示が大変だろうなあと思うのですが、
毎日、展示物を変えるのかしら。
仕入れ?はどのように?

久しくここは訪れていませんが、行ってみたくなりました。
秋の植物もいいでしょうね。
nenemu8921 | 2017.10.13 10:37 | 編集
nenemuさん

きのこ展は年々人気を増し、週末の観察会の参加者は100人を超えるそうです。
展示の苦労話もありました。
お察しのとおり、毎日の入れ替えや温湿度の管理と大変なようです。
仕入れはきっと各地にコネクションがあるのでしょう。
多くのキノコ図鑑の監修に携わる保坂先生による解説です。

この日、お昼前に着いたのですがキノコのキッシュは売り切れでした(T_T)
nobumaki | 2017.10.13 17:21 | 編集
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top